読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A LOST AND FOUND

色々なものを失くしてきたような気がします。

今どきの複合機のランニング。本当に安くなって、綺麗で、よくメーカー息してるね。

jbpress.ismedia.jp

ダイヤモンドオンラインを利用している者でございます。無料会員なんですが、本当にありがたい。

その中で、明記されたかたちで、企業PRが含まれるんだが、この度は、何の気もなしに上記、OKIの複合機広告を開いてみてしまいました。

昨年、思いっきりA3複合機の選定をした身としては、もう、この先、数年は購入予定がなくとも、気になるジャンルです。

 

そもそもご自宅用のコピー機であろうと、こういうハイエンドな複合機であろうと、どこでメーカーは利を稼ぐかというと、「インク代」と「メンテナンス代」。

こちらの沖電気複合機は、「経営者が求めるコスト削減の解」と銘打って訴求いたしておりますが、うーーーーーん、どこが?と思ってしまうわけです。

確かに、「自分で全て部品を交換できる」というマシンは、超!魅力です。いや、関わってみればわかると思うんだけれど、本当にドラム程度の交換ですら、わざと、こう、面倒にしてるんじゃね?と思うくらい、素人には無理です。

 

ユーザーができるのは、トナーの交換。廃トナータンクの交換。イメージドラムの交換。ざっくりいうと、こんなもんです。

今、イメージドラム(メーカーによっては感光体)、4色なんだよね。だから、きれいなんだ。ちょっと前の印刷物みたいだよね。

 

で、メンテが必要だというのが、定着器。そのほかローラーとか。定着器とは、熱でトナーを紙に圧着させる機械で、これ壊れると、面白いくらいトナーがそこいらを舞います。これ、案外、高いです。機械としては。メンテ呼ぶ案件になりますね、昔だったら。

 

で、この機械の売りは、「5年間メンテナンス部品無償!」なんです。どや!

 

最近の機械は、昔と異なって、ギリギリまで使用できません。カウンターが仕込まれていて、まだいけんじゃね?というタイミングでも、停止いたします。使えなくなります。特に、こういう心臓部分は、昔から、止まります。そうできています。

それを無償!ということなんですが、条件があります。

トナー、ドラム、そういう消耗品を、ネットなどで見つけた「安いリサイクル品」使ったら、5年間無償は、停止になります。

 

さあ、1万枚(これ、1万枚刷れるという単位ではないんだよね、詳細は言わないけど)のやつで25,000円くらい。いや、実に平均的です。いわゆる「純正」という展開です。イメージドラムも、そういう意味で3万枚で17,000円。実に平均的です。(でも4色あるんだよな、68,000円かよ)

これを購入し続けていれば、心臓部分は無償で5年間やりまっせ!というのが、ざっくりいうとこのスキーム。

 

ごめんなさい。高いです。

今利用している複合機なんですが、シャープ製です。ええ、カウンター料金というもので、ランニングで支払っております。これ、昔だったらえぐくて、カラー1枚40円とか、モノクロ1枚15円とか、ございました。

今、いいのかな、言っちゃって、そんなにしません。言ってないや。この沖電気のWEBで紹介されている機械、カラー1枚11.7円。モノクロ1枚2.8円と、一応は書いてありますが、です。言っていることわかりますよね。

 

しかも、全消耗品、無料です。カウンター規定枚数毎にメンテナンスさんが来社します。ええ、トナーも無料ですし、もっと交渉すれば、紙代も無料です。うちはしませんでしたが。

さらに、A3全部「真っ黒」印刷しても(普通はしませんが)トナー代が無料なので、平気です。こんなのトナー購入型でやっちまったら、大変なことになりますから。

 

シャープさんだけではありません。ゼロックスさんもコニカミノルタさんも、ほぼ、同じ位の価格帯の機種は、全て同料金のカウンター料金です。しかも、壊れたら、即日来ます。(最近のは壊れないよね)

 

そうなんですよ。以前よりカウンター料金は「怖い!」と思っていた人間ですから、調べた調べた。呼んだ呼んだ。そうしたら、なんのことない。今どきはカウンター料金のほうがコスパよろしくてよ。メーカーも大盤振る舞いしてまっせ。

そういう意味で、営業やら、販社を抱えきれない沖電気さんのこの機械。悪くはありません。いや、頑張っていると思います。が、ちょっと競争力ないかもなぁ。だって、今の複合機、性能でいったら、「差はありません」怖いくらい「差はありません」。

 

でも、こういう「見積もり」をとるにしても、相当時間がかかりますし、来る営業マンの「質」とか「当たりはずれ」もあるので、どこかの「建築物」で、なぜ高い!やれ高い!とか色々話題沸騰中ですが、いや、言っているあなた、やってみてくれ!と言いたくなるくらい面倒で、面倒すぎるもんです。しかも複合機程度でこれだ、外壁修繕なんて時には1年、かかりましたから。