読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A LOST AND FOUND

色々なものを失くしてきたような気がします。

これはもはや実写とかわらない。ぼくの目が変なんでしょうか?ジャングルブック。

映画

f:id:guripania:20160921101042j:plain

ジャングルブック

夏のディズニー映画、3部作? アリスインワンダーランド。ドリー。そしてジャングルブックと続いた連投。

全て拝見いたしました。子供もいないのに。

一番なんだかんだ残ったのは、ズートピアでした。脈絡ないですね。

というのは、アナ雪もそうだったんですが、何が心に残るかというと、音楽。

アナ雪の音楽は、しばらくの間、どうもこうもなく巷に流れるこの曲に、その都度、口すさんでおりました。

こればっかりは、もう、仕方がありません。

この脈絡でいうと、次に来るのはズートピアでした。映画自体は、本当に普通といったらおかしいんですが、展開も含めてよくできたストーリー、違和感もなく見れたんですが、本当に出演者が動物だったから良いものの、人間だったらまず映画化、無理。

音楽がよかった。アナ雪よりはインパクトに欠けるものの、これまた、どこにいても反応してしまうタイプの曲でした。

ズートピアとほぼ同時に見たのが、スノーホワイト。氷の女王でしたが、もう、この程度の月日が経つと、印象が消えかかっております。

ええ、何の曲が流れていたかも、全く覚えておりません。

そこまで語れるくらいの専門でもありませんので、それこそ恐縮至極なんですが、よっぽどの仕掛けなり、キャラなり、話が際立っていなければ、音楽。主題歌。

これに寄り添うようにイメージが立ち上がる。こういう展開に、楽して身を任せるようになっております。ああ、昔からか。

さて、ジャングルブック

色々な意味で末恐ろしい映画でした。

主人公以外、すべてがCG?

本当ですか?

そのつもり行はしましたが、いまだに信じられません。

アーロと少年も、アニメというよりは、そのCGの作りこみに焦点があっておりましたが、ジャングルブックは、そんなもんじゃありません。

実写が少年、多分、一人。それにCGを違和感なく合成させるこの荒業。

草原なり、木々生い茂る森のシーンなり、その背景も含め、多数の削ることなくもりだくさんの種類とその多さを、ものの見事に合成。

火事のシーンも、まぁ、ほとんど実写映像。

で、CGなんですか、これ全部? 本当に末恐ろしい。というか、もうすでにその「末」ですかね。時間時空的には。

毛から始まって、それぞれの動物が存在する、その重量感も含めて、もう超リアル。

踏み出す、歩く、走る、駆ける。個々の動物と、それを捉えるカメラというか、見ている視点の「揺れ」も含めて、全部、映像なんですか?

どんな想像力を、このスタッフなりチームは持っているのでしょうか?

えっつ?この程度は、ここ最近の映画では、もはや常識ですか?

えっつ?ジャングルブックの感想ですか?内容ですか?

おもしろかったですよ。普通に。