A LOST AND FOUND

色々なものを失くしてきたような気がします。

なんと、松葉杖にも使用方法があった!知らないと死亡。ディズニーシーは車いす、介助者死亡!

f:id:guripania:20180412112902j:plain

そうこうしているうちに、相方のギプスが外れて、松葉づえで「自力走行」のミッション、いや、リハビリに移行となった。

本人は、こういう骨折、考えたら2度目だったんで、恐怖心が先に立ってしまったようで、そのリハビリというのを、案外、楽しみにしていた。

ただ、通っていた病院にはそのリハビリ科が無く、紹介状を持って、リハビリをしてくれる病院に向かうこととなる。

もう、1日がかりだ。過保護なのだろうか?いや、私が、付き添いたいのだ。常に一緒にいたいのだ。

 

さて、紹介先。リハビリの前に、簡単な診察があって、リハビリの予約という段取りかと思ったら、その先生。「リハビリさ、自宅で、自分でできるから、どお?」と、いきなりの発言。

確かに、確かに、そういう必要ないかもしれない。でもね、本人、リハビリを結構、楽しみにしていたんで、過保護の私としては、もう、その場の空気を読まず、

「すいません。何しろ、リハビリを強く向こうの先生に言われていて、そういうつもりでいたものですから、自宅でやるという話ですが、理解はできるんですが、可能でしたら一度リハビリをお願いできないものでしょうか?」と食い下がる。

「まぁ、簡単な足付け動作と、あとマッサージ程度なんで、自宅でご自分でできる範囲だと思いますけど、はい、リハビリですね、では、2階にお進みください」

 

なんとか、リハビリに進むことができました。軽く、まさかの展開でした。

 

予約だけかと思っていましたが、なんと、夕方にもかかわらず、1回目をやっていただけるという話で、超ラッキーでした。

で、衝撃だったのは、我々は「松葉杖の使用方法を知らなかった」

という驚愕の事実!

松葉杖がどこに行っても、基本、デポジットの額はそれぞれなんですが、「貸してくれる」という道具。知りませんでした。使用後は預けたお金と引き換えに返却です。すごい世の中です。

まず、長さが合っていなかった。長いのにチェンジ。

さらに使い方を知らなすぎるということ。

言われればその通りなんだが、この2本で両足をブランコのように浮かせることが、超基本。これができてこそ、段差だろうが、階段だろうが、ケンケン跳びだろうが、片足歩行だろうが、全ては、このバランスにかかっていました。

この練習を10分程度したところ、なんと、可哀そうな「松葉杖の女性」が、見違えるような「アグレッシブな松葉杖使い」に変身です!

リハビリ、グッジョブ!

「そうなんですよ、松葉杖の使い方がわからない人が多くて、駅とか、街とかで、大丈夫かなぁと思える人、結構いますよ、にこ」と申されました。

はい、「早く言ってくれればいいのに、、、、」状態でした。

 

f:id:guripania:20180412121616j:plain

これが、乗りたかった、ディズニーの車いすです。

1日レンタルで、500円です。電気自動車タイプは2000円前後になりますが、車いす専用の通路から、アトラクションに乗れる「サポート」付きです。

そうはいっても、混んでいる中で、ショートカットして入れるわけではありません。あくまでも、1時間待ちだったら、1時間後の予約をして、その時間が来るまで外で待機する。そういうものですから、ご安心ください。

 

ええ、今回のことで、よく理解できたことですが、

 

ディズニーシーは、車いす、介護用で行ってはいけません。

こんなにアップダウンが激しいとは思いませんでした。死ぬかと思いました。電動でないと、介助者は死亡します。本当のことです。2度言いたいくらいです。

民泊新法ができても、これじゃ記事にならないから、やっぱり「闇民泊」を強調して煽っていきたいメディア。

diamond.jp

これ、ダイアモンドオンラインに出ていた記事なんだけど、こういう「見出し」入れて大丈夫なんかな。

最近、節操のない「見出し」を入れて、壮大に「釣る」手法が、それこそ「無法地帯化」しているようだけど、この記事読むと、見切り発車はそうなんだけど、そこまで大事な内容にしていないんで、全く、見事な「見出し」だわさ。

 

簡単に言うと、民泊新法と言っていますが、要は、

旅館業法をお取りいただくまでの「暫定的な法」という位置づけで、

さっさと、旅館業法とれよな、こういうビジネスするんならよ。

という法律となっております。

 

そのために、簡易宿泊所というものを「門戸を開放」する感じで、緩和しておりまして、そこに一括して、こういう「宿泊ビジネス」を管理しようと。そういう意図になっております。

 

民泊新法は、国交省が管理していますが、ここに「登録」をしなければ、もう、完全な「違法」状態になるわけで、行政も司法も、思う存分「取締れる」「罰金を」とることができます。

さらに言うと、運営代行業者。これを完全に特定することによって、税金の違法な脱税を防ごうという狙いも理解できます。

その住居に、本人が住んでいなければ、「運営代行業者」が管理している物件として登録しなければなりません。そうしないと、即座に「違法」です。

さらに、ここが一番のミソなんですが、

常に「住居賃貸物件」として、募集広告を出していなければなりません。

だからこその国交省管理なんです。

よって、代行会社が法人であれば、不動産業の免許がマストになったり、不動産業従事2年の資格を要求されます。

 

不動産業の免許は、ある種、相当の「管理」「監視」体制が、ハトさんチームとかうさぎさんチームにわかれて、自主的にございまして、この組織を使うことによって、イージーに管理していこうという方針が見て取れます。

 

エアビーが、そもそも、空いている部屋を提供して、ご飯とベッドを貸してあげるという、コンセプトで出発していますが、当初は、老後を迎えたご夫婦のつたない「おもてなし」が好評でなんて、物凄く「好意的」に発信していたメディアでしたが、

昨今は、ディスル、暴く、あざける!でしか、視聴率がとれないらしく、すごく「酷い」サンプルを、お得意の「らしい」でつなぎ合わせる手法で、実際被害にもあっていない視聴者、市民の声を求め「怖いわねぇ」でまとめてみせる。

 

確かに、不手際の多い「物件」はありますが、例の「評価システム」。これ、知らないんだろうね。宿泊者から評点1をつけられたら、エアビーの管理者から「次やったら、消去するかんね」と、脅しが自動的に送られてきます。

もちろん、たれこみも含めて、管理者は、「良くない物件」に関し、物凄く丁寧に対処していますよ。なんで、本当に、本当にごく一部の、まさによく言われる、中国系の闇宿泊所。聞いていると、不良サンプルは、みんなこれ。

 

ちょっと、不人気のUR物件。賃貸物件ですが、どんだけ、違法に賃貸されているのか。別の文化圏になっている地域もあるんだけど、そっちは、ほったらかしかい?

みたいな感じで、マスコミって、本当に、脊髄反射でしか「ニュースを作らない」だなと、もう、なんか、見る気もおきません(笑)。

 

なわけで、こんかいの民泊新法は、ようやく、管理体制が整って、全力で違法状態を摘発できる仕組みが整ったと、そして、旅館業法で、やっぱりまとめていくんだなと、そういう理解で、健全化目指しているんだなと、評価すべきところなんですが、

それじゃ、雑誌売れないか。

初出勤。相方が。こんなに優しい言葉をかけられるとは思いませんでした。感謝。

f:id:guripania:20180331143725j:plain

ここまで歩けるようになりました。

松葉杖が、こんなにも技術、体力がいる「道具」だとは思いもしませんでした。

人間、接地面を支える機能がやられると、本当に、完全無力化されるんですね。

骨折、やばいです。

 

1カ月。なんとか相方は出勤することになりましたが、あまりにも、「痛々しい」歩き方だったんでしょうか?歩く道すがら、大変多くの方々に声を掛けられまくっておりました。

本人、医療系なんですが、患者さんからお大事にねと、本末転倒な声を掛けられる始末で、日本って、基本、まじめで、優しい言葉を多くもっている国なんだなと、号泣しております。

 

駅に向かえば、エレベーターというエレベーターで、先に乗るように、わざわざ「箱」を下ろして待っていてくださったり、車内では、混雑時であっても、ドアの横。体を入れ込んで支えられるスペースを、譲ってくださったり。

通勤ラッシュ時であっても、乗り降り、時間のかかる相方を、辛抱強く待っていて下さったりと、

特に、女性の方からは、本当に、何人も、若い方から、超高齢の方まで、満遍なく、多くの声をかけていただきました。

 

本当にありがとうございました。

 

f:id:guripania:20180331142813p:plain

写真がでかくて、本当に申し訳ないんですが、赤いルギアも、無事、相方の分も捕獲できまして、もう、足の骨折があったことで、色々な勉強と、ささやかな事象を、心から感謝できる器量を深めることができたように思えます。

いや、本当です。

 

まだまだ、相方に、おんぶに抱っこ状態な感じなので、なんとか報いることができないものかと、思い続けている次第です。赤いルギア程度では、まだまだなんだよな。

 

かかりつけ医と基幹病院とのネットワークいうんだけど、決まり事多すぎてやっぱり総合病院に集まるよね。

f:id:guripania:20180329131508j:plain

以前、どこかの市議会の議員さんが、病院にて「名前を呼ばれない」。「番号で呼ばれる」、いったいどうなってんだ!とひどく怒って、料金を支払わずに帰ったという、とても面白いニュースがありましたが、

大上段から「個人情報保護法」がなんてテーマは、とても重いので避けますが、多くの人間が集まるところでは、個人名を特定しないよう、しないよう、して、なんかトラブルあったら、酷い目にあう。

組織に「自衛」「防御」させたら、もう、七面倒なことになる。もう、わかりきったことなんですが、果敢に空気を読まずに、クレーマー化して、「自己認知」「自己満足」に浸りきろうとする、特にご高年層。

この方々のゲリラ活動のおかげで、「昔は自分を名前で覚えてくれて、心が通い合っていた」なんて、朴訥とした風景を、壊しているのは、まさにあなたたちです。

 

とは言っても、相方の「骨折」の付き添いで通う「整形外科」の高年者の人数たるや、なんか、具合が悪くなるくらい多過ぎ。

しかも、看護婦さんやら、モニターで患者さんを「番号管理」しているんだが、番号での呼び出しに応じられる患者さん、絶無。

名前を呼び出されるまで、反応せず。いいんだけどね。

 

レントゲン撮影があって、ギプスを装着して、診察して、で、1,800円程度。しかも、ER付きの総合病院でこの値段。いや、本当に内科と整形外科の患者数は、節操がないよね。今回、診ていただいた先生、9時から5時まで、食事は?っていうほど、何人の患者さん対応してたの?ご苦労様です。自分らは、11時の予約でしたが、診察は15時30分でした。あはははは。

 

ギプスをはずすことになって、リハビリのステージに突入することになるんだけれど、診察、治療は総合病院。リハビリは他の病院。

自分も心臓の診察は総合病院。薬の受け渡しはホームドクター。そういうネットワーク化を「推進」して、地域の医療との連携で、総合病院は「重篤性」「緊急性」の高い患者を。地域医療は、その患者の「トリアージ」を。

が、整形外科は、凄い。自分のところで初めから「診察」していない患者さん以外、受け入れません。そういうクリニックがありました。

いや、もう、自分の患者さんで、見た目もいっぱいいっぱい。理解できます。

が、後日、自分のかかりつけの先生に聞いたところ、「リハビリは、辞書のように分厚い本に、事細かに症例ごとに決まっていて、外れたリハビリはレセプトはねられちゃうんだよね」とのこと。

ですって。はいそうです、って受け入れられない事情もあったということです。

 

ちなみに、私、「帯状疱疹」になりました。そのさい、飲み薬と塗り薬、同時処方されませんでした。同時がいいに決まっているんだけど、するとレセプト通らない。まぁ、アラセナ程度は薬店で売っているからいいんだけど。飲み薬をもちろん優先しましたけどね。

中国に忖度しまくるメディアとか政治家さんに、本音で聞きたい。本当に中国と渡り合えるの?えっ?

news.yahoo.co.jp

中国だったら、このくらいは平気でやるだろうなと、最近は特にそう思うようになった。その、北京オリンピックの時に、相当、強引な開発をした、その際の映像なり写真を見るにつけ、

この国が国の計画をすすめるということは、国力であって、それは、国民に向かってのものではない。結果的に、その時まで、生き残っていた「国民」に、恩恵があるものの、淘汰される人間には興味がない。

そういう印象を持たざるを得なかった。

 

最近の左翼とよばれるにせよ、そういう方たちが、中国に対して、痕跡程度の批評しかせず、まるで「忖度」風情の「すり寄り」を感じる中で、

誰か、まじで、こういう方々に、正面から中国について、語らせる場を設けて欲しいと、強く思う。

 

最近、不動産の会合で、「富坂 聰」さんのお話を聞く機会があって、非常に面白かった。ありがたい。

ネット上では、中国を擁護する人間としての評価があったが、中国の専門家として、中国を語れる学者さんとして、リアルな情報を提供していただくそのセンスに感銘をうけたが、

その中国のやることなすこと、日本と比較すること自体が間違っている感じがして、あの国を語ると、いや、もう、あきれるしかないよね。やり口含めて。それを、こっち側のスケールで善悪をいってみたところで、ほんと、無力。

いや、それを、言い逃げるのかっていわれれば、なんとも言いようがないんだけど。

 

話の中で、地方の役人さんの「賄賂」まみれの話を聞いたが、

日本で言えば、本当に普通の自治体の、それも知事とか市町ではなく、役所の課長程度。自治体も、東京で言えば、国分寺市とか、メインではない、そういうところでも、

床下に、カビが生えた「紙幣」が日本円で何億もでてきたり、そのカビが生えたのは、使わないでも、毎年、そのくらいのお金が「付け届け」で入るからでということ。さらには、課長クラスでも、マンション、部屋、60数個、所有していたと、

 

悪いけど、もう、スケールが違うんだよね。

だから、中国が好きすぎる感じの政治家さんとか、メディアさんとか、もう、なんらかのこういう金銭的な「約束」とか、甘いなんかに、無条件に憧れている。そうでなかったら、この国の政治システム、なんで良いとおもっているのかわからない。

 

ironna.jp

富坂氏が言う、「深圳」における都市開発。もう、彼は、非常に楽し気にお話しされるが、いや、もう、こっちもそう思うもん。

「為政者」だったら、こんなに楽しいことはないよ。

だって、日本だったら、絶対にできない。弱者がどうだとか、少数の意見を聞いてこそ「民主主義」だとか、よくわからない話になるけど、いや、決めた計画に、人の感情なり事情なんか、1ミリも入る余地なし。

ブルドーザーのごとく、けちらして、整備して、会社を強引に「連れてきて」本社機能を要求して、ネットは、すべからく「検閲」して、

これを聞いて、もう、日本が勝てるだとか、まさに抜かれているとか、日本どうしたとか、もう、そういうレベルの話ではないね。しかも、ほとんど「全会一致」でしょ?

すごいよ。どうやったら勝てんの?この国に。富坂さんが「擁護」しているとか、「礼賛」しているとか、自分も中国を語れば、同じ意見を言われそうだもん。

その昔55の民族が、それぞれに国をもっていて、馬賊が頭領がとか、それぞれに群雄割拠していて、中央には形ばかりの賛同を示していて、なんて、のどかな話を聞いていたけど、全然違うし。

もし、この先、まかり間違って、日本が、中国に取り込まれるとすれば、「日本族」として、〇舫さんも、〇沢さんも、幾多の政治家さんも、「出目」あんのかなぁ。共産党さんなんか、もう、主義主張が違いすぎて、小池さんなんか、どうすんのかなぁ。

 

安倍さんがしっかりとアメリカを主軸に国を進めていくに、個人的には、それしかないと思っているのは、中国は、もう、無理、絶対無理!と思っているからにすぎないんだよね。

だから、立憲なんとらかんたらとか、希望の党とか、朝日新聞とか毎日新聞とか、その、表立って言ってないかもしれないけど、中国に忖度しまくっているようにしか見えない方々、

本音語ってよ。

中国って、本当に、頼りにしたり、アメリカよりもいい、文化的にも心から「共同作業」できる国だと、思っているのかしらと。日本だけでやっていけるはずないじゃん!という前提でね。

だって、安倍さん除いて、外交できる人間いないじゃん。いるなら言って。中国と韓国で、海外じゃないかんね。枝野さんなんて、チャネルないじゃん。

突然、メディアも一部市民も、「官僚大好き」ビバ官僚になってしまい、自立した政治家が嫌いな模様

diamond.jp

自分が政治を語るなんて、もう、とんでもなく可笑しな話だと自覚はあるんですが、それ以上に、もう、どれもこれもの論評なり、記事が、「そこを切り取って」評するのか!というのが、どうもあってね。

 

もう、昔は、とにかく「官僚」主導の政治が、まぁ、毎日といっていいほど報道されていて、

政治家の「やられっぱなし」「無能感」というのが、もう、本当にやるせなくて、

官僚がいなくては、政治家も国会で意見を言うことができない。

そういう、「日本は官僚に牛耳られている」

もう、これをどうにかしないと、駄目なんじゃないか。

それで、役所の「再編成」とか、橋本さんの時代から手を変え品を変え、やろうとしては強力に潰されてなど、官僚の「底力」を毎度まざまざと見せつけられていた。

森さんの時についに「縦割り行政」の弊害を!という中で、約半分に省庁が再編されたわけだが、これは、以降、行政を政治家が主導して行う、というかねてからの

メディアを含めた「民意」の中での総意だったと、記憶していたようなしていなかったような、ははは。

 

小泉さんも、政治主導の「成果」を存分に発揮して、さらに「古い」体制の打破!は所属する自民党にも向けられていて、その「票田」だった、郵政、農政に矛を向けたが、結果、郵政を解体したわけだ。今は、電力ですか?

 

つまりのところ、「官僚は大嫌い」が、メディアも含めた「総意」だったはずだが、いつから

禁止されている天下りを堂々とやって差配して「首になった」前川氏がヒーローなんだ?

文書書き換えをして、その責任者すら特定もできなくて、理由も明確にできない財務省なり理財局が「政治家に翻弄された可哀想な役人」に、いつから「役替わり」したんだ?

 

いつからメディアも、国民も、官僚大好き!官僚絶対主義に戻ってしまったのだ?

例の「加計学園」も、その官僚側である「文科省」が、根拠もなく新設を「止め」、さらに強力に支配をしていて、「岩盤利権」とまで揶揄されて、当時の民主党も「特区」を作って、特区を作って、なんて、そこまでしなくては、官僚側の支配を打ち破れない!とすら思われていたんだぞ?

 

突然、なんで、みんな、官僚が大好きになってしまったんだ?

神輿が勝手に暴走すると、官僚も、メディアも、それに「政治で食っている学者」も困る。そういう「古ーーーーーーい」高齢の方々が「困る」からなのか?

放送法を変えるのは、本当に「理にかなっている」と思います。次はそこだな。潰される前に、ぜひ、頑張ってほしいと思います。

三つ子の魂百まで。相方の子育ては偉かった。

f:id:guripania:20180317142923j:plain

部屋の清掃要員として、2歳児の子供を育児中の奥様に作業をお願いしている。日に日に「自立歩行」するようになったりと、この1年間での成長ぶりというか、そのスピードに驚かされている。

女の子なんだが、言葉も、次第に「連語」を口にするようになったり、こちらの問いかけにも、意味をわかろうとしたり、いくつもの単語を交えて、自分の要望を通そうとしたりと、うーーん、凄いな。

子供って、こんなに早かったっけ。

 

仕事なんで、子供を連れての事務所に出入りもあるので、全員が幼児に「寛容」なわけでもなく、特に、お客様が来客中にも出くわすんだが、そういうタイミング含めて、寛容でない人間がいると、もう、気を遣うわな。

母親も、案外、敏感だったりするもんで、顔の表情がやや強めになるのは仕方がないし、「行かない!」「触らない!」「いけない!」のオンパレードになると、子供には何の罪もないんだけれど、泣くはなぁ。

 

大概、自分は、子供の頭を撫でまわすんだけれど、それをさせてくれる親子には、普通に問題はないんだけれど、この年齢で、頭の方に手をやるだけで「頭をすくめる」「防御的な表情をする」子供に、昔出会ったことがあって、この時は、ちょっとショックだったなぁ。

 

子供って、親との関係が、ほぼほぼ全てだから、親の影響、丸かぶりなわけで、良く道端で「パパは嫌あああああああ!ママがいいの!」とか、パパに抱っこされているのに、パパが人さらいの状態になって泣きわめく子供がいたりすんだが、

かなりの確率で、母親が、パパの悪口を言って、ストレス発散している場合が多い。

 

親が、頻繁に子供を叩いたり、つねったりする行為は、幼稚園で子供は、当然のように友達を叩いたり、つねったりする。悪いとは、全然思っていないわけで、親の行為が、そのまんま子供に「乗り移る」。

 

母親が、常に笑顔でって、それは今の世の中、なかなかそういう気持ちを維持できないのは理解できるし、そう思うんだけれど、笑顔に囲まれた子供は、当然のように、人に笑顔を素直に返す。

にらんだり、怒ったりの「比重」が高い関係を続けていると、他人に攻撃的な表情を作りやすいのは、考えれば当然のこと。

 

さらにいうと、攻撃的だったり、無視を続けていたり、悪口をいったりとかストレスを発散したりとか、頻繁にしてしまうと、子育てがさらに「悪化」することにもなり、

そのことを具体的に、さらに突っ込んで書こうとすると、なんか、涙ぐんでしまうので、これ以上描けない。

 

うちの相方は、結構タフで、尊敬しているんだが、特に子供が小学校上級生になる頃、よくある反抗期風情になったとき、全然、接する態度がかわらなくて、内心、おろおろしていた自分とは違って、偉かったなぁ。

なにがって、子供なりに、やりようのなさそうな不満とか不安とかストレスとか怒りとかで、その鬱憤を、無視する、乱暴な言葉でぶつけるとか、よくある態度にしてしまうんだが、

相方は、どのような態度をされても、全然、無視せず、とにかく名前を連呼して、「食事だよ!」「食べに行くよ!」など、自室から引っ張り出す。はい、呼びかけだけで。

まぁ、食べればさ、なんか、満足してテレビでもついていれば、喋ったりとか、番組に悪態ついたりとか、そういう感じになるじゃん、そういう時、

「うちはさぁ、全員、お腹がすくと、機嫌が悪くなるんだよね。だからちゃんと食べなきゃだめなんだよ」

 

これ、魔法の呪文みたいに我が家では「効きまくって」、その後、なにか機嫌が悪くなっても、気が付くと「物を食べる」ことで、「回復」するという、全然、愚にもつかない話かもしれないけれど、それがお約束になって、

最近大きくなった子供に、ふと、そのことを軽く言ったら、

「そうなの、今でも、気分が悪くなったら、すぐに食事するようにしてるの。だって、血糖値下がると、駄目じゃない。」

 

すげぇぇぇぇぇ!三つ子の魂百までだよ!