読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A LOST AND FOUND

色々なものを失くしてきたような気がします。

多分、相当パチンコ業界は「パイ」が爆縮することになると思う。

diamond.jp

素直にこの記事に書かれている内容は良いと思う。言い方が変なのは、このジャンルのことをテーマにすると、様々なことを想定しながら丁寧に言葉を選ばないといけないと思っているからで、それは、割と苦手なことなんで、こういう書き方になってしまう。

 

簡単に言うと、ついに、このパチンコ業界は「適正」な数にまで、激減してしまうことになると思う。

最大全国に1万4千件ともいわれた数も、警察庁が望んでいた半数。その数字も次第に現実のものになろうとしている。さらにいえば、そもそもスロット機。痛恨の事態と考えている方もいらっしゃるようなので(警察庁において)、なんであんなもんいれちゃったんだろうと。これも相当厳しくしていくんだろうな。

 

未だに30兆円産業とか、わかりもせずに突っ込んでくる物書きさんもいるけれど、実際のところは数兆円産業。これでも相当凄いんだけれどね。

www.nsjournal.jp

ちょっと前の記事ですが、この記事でもわかるとおり、パチンコ業界において「上場」をはたしている企業が多いこと。日本の顔といわれている1部上場で8社。

   1兆7,065億円超! 東証に上場する主要パチンコ・パチスロ関連企業14社の時価総額

   合算した数値(2月23日現在)だ。

ですって。

だからといって、この業界を一気に潰すなとか、そういうナイーブなことを言うつもりはない。ただよく言われているように、警察の「利権」がとか、「北朝鮮」へのお金の還流がとか、こういうダークな業界はなんて言われているが、2000年以降、本当に「ふざけた」経営のパチンコ店は淘汰されているし、警察とパチンコ店の癒着もめちゃくちゃ無くなった。

 

この国って、そもそも問題が露見したら、本当にまじめにやり倒す民族じゃないですか。東京都の都議会で、まさにそのキーワードを売りにして「透明化」とか「利権構造」とか「ねずみ」騒動で圧倒的な人気を誇る小池知事だが、もうそろそろ1年経とうとしているが、何も事実がみつからない。それだけ、まじめにルール作ったらやる国なんだよね。案外。

不動産業者と政治家といったら、時代劇で言う「お前も悪よのう」と饅頭の包みに小判がというくらい「定番」の流れだったけど、いや、本当に今どき、ふざけたことできないよね。

だから、都民ファーストのように、そのNとかいう代表が、なんだかかき集めたお金で家買ったり、キャバクラ行って「フォッーーーーー!」という程度の「悪者」しかいません。逆にこういうの、多くなったよね。

 

いやすいません。簡単に言うと、パチンコ業界は、装置産業だし、超高度化されたメカニカル産業なんで、パチンコ店の部長がとか、社長がとか、そういう方々の技量で優劣がどうのこうのという時代が、本当に終わりを迎えている言う話。

すでに、「射幸心」を煽ってはならないとうことは、この業界に「コンサル」の立場をなくしてしまい、さらには、ガイド本と呼ばれる、攻略雑誌群も、その実、お客に「期待」をもたせ、「射幸心」をそそる体になっていたので、その存在意義を喪失し、

いや、チラシやポスター、販促関係のグッズ販売会社や、さらには一般景品で席巻している問屋さんやドリンク系の「ヤクルト」さんまで、もう、一気に壊滅状態。

 

ええ、結構、この業界をディスる方々においては、本当に期待通りの展開になっているのは周知のごとくですが、先にあげた、上場会社も、本当にゲロゲロという展開に陥っております。医療器具メーカーのオムロンだって、相当な恩恵を受けているメーカーさんだしね。

 

で、さらに言うと、人件費を削減というか、まじに取れないんで、パチンコ玉を出さない「パーソナル」という、まるでゲームセンター設置の機械のような設備を入れ始めるのが、結局損得勘定で、主流となって、

それは巡り巡って、若者がそもそもやらない、足を運ばない、9%?なのに、そんで、その若者の就業機会を減らしているわけなんで、「間口」自体が無くなりそうろう。

どんどん遊戯人口が、そのまんま、高齢化していく。

 

しかも、メーカーが、最後のあがきかわからないが、その昔1台20万円以下だったのに、今や、最新の京楽の「仕事人」が、すぎことになって、50万円超える!?

企画したはいいが、作りこみすぎて「量」が出せない。お金借りてようやく出したが、この金額。これでメーカーとしては「元」はとったであろうけど、客が付かなければ、京楽もそろそろヤバい。

 

    脳の報酬系が最も活性化するのは、勝った瞬間ではなく「勝つかもしれない」

    というひりひりするような「報酬予測」の段階。勝ちの快感はその「おまけ」に

    すぎない。

 

これがギャンブル依存症の、特にパチンコ店におけるその症状というのかな。すっごくよくわかる。その通り。逆に言うと、これなんだよ、メーカーに皆さん。1台をごてごて着飾って、機械を高くして、双方で首を絞めることではないんだよ。どちらにとっても、すごく大事な記事だと思うよ。

ポケモンGO。軽井沢に行ってまいりました。いや、案外面白かった。

f:id:guripania:20170520131133j:plain

軽井沢に行ってまいりました。

北陸新幹線で行ってまいりましたが、電車で行ったことが無かったので、物凄く新鮮でしたし、なんか、とっても東京から近いんですけど。驚きました。

 

みての通り、軽井沢の駅を上、下と考えるならば、プリンスが陣取っているエリアは、軽井沢駅の地図で言うと、下。南になるのかな?

いや、ポケストップがまるで無いんですけど。どういうこと?ニャンテックもこのエリアは、プリンスのホテルだし、広大なアウトレットモールもプリンスショッピングプラザだし、ポケストップに協賛してもらおうという企画自体、ここではなりたたないから、こういう「絵」になるのかしら。

なんにもありません。

が、

いや、出る出る色んなポケモンが。それも、細かくエリアごとの特色を持たせて、この辺は、茶色い連中。ここら辺は水色系とか、いや、案外面白かった。

f:id:guripania:20170520151515j:plain

 軽井沢でちょっと知らないと、ヤバいのは、24時間営業しているお店が無いこと。ショップは19時でほぼほぼ閉まってしまう感じなうえ、レストランはぎりぎり21時程度までやっていそうなんだが、確認されて行ったほうが良い。

でないと、いや、初日はプリンスホテルの売店がやっていなかったら、ちょっとしゃれにならなかったかもしれない。

さて、ポケモンジムなんだけど、プリンス側からみると、見えて5個程度。自転車が無いと、特に夜は、真っ暗なんで立てられて1個くらいかな。駅に1本たってますんで、毎日立てていました。

ポケストップは、駅周りに4つ。そして駅からアウトレットのモール内に4つ。これしかない。ということで、とりまくっていると当然ボールが無くなります。自分は、赤、青、黄色、合計で350個近く持っていきましたが、2泊3日の旅で、帰るころには合計で100個を下回っておりました。

さて、取れるポケモンですが、氷系が、いやウリムーが本当にわらわら出ます。もう、ルージュラもぼろぼろ出た時には笑いさえ出ました。お待ちかねのニューラにも出会えて嬉しかったです。

また、ヒメグマは嫌というほど出ます。当然リングマも出ます。出るからどうだっていう感じですが。

ちょっと面白かったのは、オドシシがえらく出現するということ。「巣」といっても過言ではありません。

水系では、それなりに出ますが、ソーナンスの雄雌が仲良く出ます。ええ、口紅でわかるので、最初のうちは楽しいですけど。

最後に、ミニリュウですが、毎日1体とれました。これは、運と頑張りですが。

 

それはそうと、自分、アウトレット意外によく行くのですが、ええ、奥さんのお供がほぼほぼです。この軽井沢。本当に気合が入っている感じがして、楽しかったです。

ゴディバがなんか、季節落ち商品(何のことかわかると思うけど)が常に50%程度値引きされています。このおいしいお菓子が、いや、本当に買い込んでしまいました。

バッグのコーチも都内ではみたこともない値引き率で、結構、買い込んでおりましたね。ここは良いと思いました。

ディズニーリゾートの顧客満足度が急落したという話、みんな大好きだよね。

www.excite.co.jp

前々から、この「公益財団法人日本生産性本部 サービス産業生産性協議会」が行う顧客満足度指数の調査は、なかなかに思うところがあるんだけれど、今回はディズニーリゾートが27位に「急落」したことで、大きく取り上げられている。

簡単に言うと、「取り上げ方」に尽きるんだけれど、

1位の宝塚歌劇団の「指数」が86.8%。そう、この指数だよね。

一方急落したディズニーは77.1%。27位とはいえ立派な指数です。

で、考えられるのは、この指数を「順番通り」並べて、さらに「急落」として、一部に入場者数3000万人を割ることを踏まえて、ディズニーの凋落!という内容を書かれる方が、結構多い。

気持ちはわかるよね。一応。

でも、この5位につけている、「コープ共済」。ごめんなさい、いや、本当に知りませんでした。で、WEBにて検索してみても、保険の規模もわからなければ、受け手の会社のことも、よくわかりません。実際に生協に加入している、組合員の方々向けの保険だということくらいしか、ね。

コープネット保険センターという会社があるんですが、コープ共済というページにある、「保険はこちら」というリンクをたどると、これに飛ぶわけですが、ほとんどの生命保険、損害保険の「代理店」をやっていて、うーーんと、生協のオリジナルを扱うというんじゃなさそうで、コープ共済って、代理店なの?という感じで困る。

なんだろう、会員向けの組織においての「顧客満足度」という風にしか思えない。これで低かったら、それこそ、こっちがのほうが話題になろうかと思う。

そのなかでも、通販の「ヨドバシ ドットコム」の81.6%は、凄いとしか言えない。

また阪急電鉄の(11位)79.2%も、まぁ、微妙だけど、ほぼ一般顧客みたいな方を大多数分母にしている中での指数。これは凄いよね。素直に。

 

ただ「回答者の選定条件」。これがねぇ、これがねぇ。

ディズニーがカテゴライズされている「エンターテインメント」。最近2年で2回以上の利用。

この方々に調査かぁ、、、、。これはギャンブル的だなぁ。ブレルなぁ。まぁ、調査ってこういうもんだからなぁ。

 

というのは、簡単に言って、3年連続の値上げが、満足度に大きく影響を及ぼすという話が結構様々にされていますが、あんまり関係ないと思う。この程度の来園回数の方々が含まれるんであれば。

上記にあげた記事に書かれているように、混んでいるのはデフォルトとしても、まず、レストランで並んでも食事ができない!という件は、正直、たまに来る方々には、とってもデリケートな問題なので、相当「怒る」事態だと思う。

昨日今日できたパークじゃないんで、それなりの過去の経験とか、記憶があっての話。それが来てみたらびっくり!というこの「食に関わる」話は、相当マイナス評価になるはず。

 

一方で、昨年は、「そんなに混んでいない」というのが案外な評価。ええ、アジア系の例の方々が、いきなりボット減った。平日でも、いや、ほとんど日本語が聞こえないレベルの状態だったのが昨年から、急激に日本人濃度が高くなった。はい。

 

またマイナスは、お目当ての商品の「欠品」が大頻発!している。

初日で売り切れることが多すぎ!しかもグッズ系は、イベントよりも必ず先行されるので、何度も来ない人は、イベントも何もやっていない日より、イベント開始以降に来たいじゃん、普通。そこで、あらかたグッズは売り切れています。

これはマイナスだよね。最近で言えば、タマゴッチ。このタマゴッチケースカバー、初日で売り切れましたから。なんでケースカバーが!でしょ。だから、未だに本体起動していません。ケースあってのタマゴッチでしょ。

 

もう一つ。簡単にサービスを停止させる。昨日なんて、ランドは可哀そうなくらい。もともとサーキットが大改装中なんだけど、スペースマウンテンは中止、スモールワールドも停止。ダンボも停止。また、トモローのピザ屋も停止。

あはははは、客数みて閉めてんじゃないよ!と思えるくらい。これ、久しぶりに来た時にこれやられたら、点数あげられないよね。

 

というか、昨年は77.9%。

2年前は82.7%。

今年は77.1%。

まぁ、これだけみても、どういう「母数」で調査されてるかわからないけど、よくやってるよなぁ。

3000万人って、1日に8万人を平均して入れ込まなければいけない人数だよね。決して会員制ではないこういう客層相手にこの数字は、簡単に順位をつけるよりは、この指数で評価してあげたほうがいいよね。

 

最後に、よくUSJと比較される向きもあるけど、個人的にはどっちも大好きだな。ただ、今はどうかわからないけど、お土産を紙袋にいれて、ショッピングバッグを買わそうとしたり、外に食べにいかせない。パスポート買っても、それだけではなく、さらにお金を払うと優先して見れるパスを追加で買わす。そうすると、ディズニーとあんま変わらんのよね。

とかね。いっつも値上げに絡ませた記事を見かけるんだけど、そこはそこまでダメージないよ。どかんと下がる風には。それよりもUSJが素直に凄いと書けばいいのに。今のところはね。これを30年も40年もやり通せるかどうか。維持できるのかどうか。ディズニーは今のところ、結果をだしてるんで、よろしいんじゃないでしょうか。

内田先生のお話が、あまりにも紋切り調で、ゴーストさんでもいるのかしらと思ってしまう件。

f:id:guripania:20170506160854j:plain

朝日新聞のロングインタビュー (内田樹の研究室)

朝日新聞の東北版にロングインタビューが掲載されたようです。いつもながらの、最近の内田先生の論調です。

大好きだった方なので、今でも内田先生の論に対して、私ごときが何を言うという意識が強いのですが、

自分のような中途半端な人間が、大変多い。多いはずだ。ということを前提にして、ろくでもない考えですが、数の多さを頼りにして、あえて言ってみようかと思うんですが

特に、安倍首相の「強力な対米従属意識」は、「従属的な対米政策は」と、もう、さまざまに語られるキーワードなんですが、

私自身も、東京都知事の件では、「何にも決められない小池都知事」などと、様々なシチュエーションで、ものすごくストレスをため込んでいるんですが、

 

あえて言うと、決定的なのは、

支持率がどちらも高い。

こちらがみていても、もう、まったくと言っていいほど、馬脚を現したり、もう、無残と言っていいほど愚かな行動をとったり、もしくは、不作為になにもしていない。

もう、明々白々なのに、いや、おかしいだろうというくらい、世間の支持はびくともしない。

 

こちらは一般市民だから、いや、何を言っても、そりゃそうだよね。フォロワーさんもいないし、そもそも、そういう出で立ちの人間でもないから、この人!と思う方の記事なり、文章に「いいね!」をするくらいが関の山なんだけど。

こちらは内田先生ですから。

しかも、朝日新聞やら毎日新聞から全面的にバックアップをうけ、1面にわたって、論を講じることができる、いや、オピニオンリーダーなる方でもあるわけですから、

自分だったら、とてもじゃないけど、我慢がなりません。というより、なんだ!これはという気になるに決まっています(と思うのが私のような凡人なんだろうけど)

 

「アメリカに対して主権的にふるまうことができない政府が、憲法上の主権者である国民に対して抑圧的にふるまい、国民主権を否定することによって、日本が主権国家でないことのフラストレーションを解消しようとしているのだと僕は解釈しています。会社で上司にどなりつけられて、作り笑いしているサラリーマンが家に帰って妻や子を殴って自尊心を奪還しようとするのと同じ心理機制です。」

 

もう、なんか、この文章なんか、あの内田先生が素面で言っているとはとても思えません。ゴーストさんでも雇っているんでしょうか?

 

「隣人を密告するマインド」の養成を政府はすすめる。

とか言っているんですが、このハイテクな世の中で、そんな隣人同士を敵対してしまうかのようなローテクの養成なんか、万が一こちらにその「ダークな感情が」向かってきたらと思うと、とてもそんなことしようと思わない!

そんなこと、この世界で、今も、破滅的なことがそれをベースにして起こっているってことを知りながら、なんでこんなことを言うんでしょうか?

私にとっては、右翼とか政府とか、そういう連中よりも、こういう密告なりに馴染んでいるのは、むしろ、共産党さんとか左翼と呼ばれる方々。こっちだろお!とすら思っているんですが。だって、怖いもん。その人達。

 

共謀罪に関しても、必ず「いつか来た道」とか言ってしまう感性。

 

国民資源の一極化をテーマに、居住不能地域を拡大して、地方の声を反映させないということを、また、「安倍総理」を中心にして、そういう方向に!と、まるで、地域の地方自治の首長がおばかさんのように言ってしまうカウのような、

この全方位に、なんのためらいもなく喧嘩をうってしまうかのような、脇の甘い感じの話。

 

ゴーストさんでもいるんでしょうか?

嫉妬って、これほど人間を壊してしまうものなんでしょうか?ごめんなさい、本当にいい加減なことを言ってしまって。

 

 

トレーニングバトル。毎日5体をジムに立てる。これが日々の目標です。ハピネスまじ嫌。

f:id:guripania:20170427155950j:plain

毎日、ポケコインを貯めるために、ジム戦やトレーニングバトルをやっているミスティックチームの者です。

はい、そう思っているんですが、すでに、毎日5個、ジムにポケモンを立てることが目的化している、単なる中毒者です。特に相方がです。なぜなんだ。

最近は、チームバトルの得点の加点に変更があったようで、ジムの「高層化」がはなはだしく、ええ、それはそれで、高層ジムの住人でいる限り「楽」できるっちゃ、できるんで良いのですが、

青チーム、多くね?

ということで、現在「我々」は、いかに他チームのジムを撃破するかではなく、「高層化」しそうな同じチームのジムを狙って、そこに数日ポケモンを立てる。これに心血を注いでおります。トレーニングバトルイズベストです。

 

トレーニングバトル。最近まで、どういう仕組みで加点されるのか、本当によくわかりませんでした。

わかったこと

①こちらのチームは6体選択できますが、防御側のCPによって、加点の内容が変わってきますが、いつもやっていて、「なんで加点が200点なんだ?」とか「100点しかもらえなかった」とか、どうも思い通りにいかなくて悩んでいました。

選んだ6体の一番高いCPのポケモンが「基準ポケモン」になる

早く言ってくださいよ。本当に。

②5階、いやレベル5か、そこまでがねらい目でやっています。というのは、こちらは常に2人でやっているので、2体立てることが必須なんですよ。大変なんですよ。

もう、ハピネスが3体乗っていると、もう、時間がかかってかかって、しかも、低いCPで立てられた暁には、こっちは1体500点目指してますから、低いCP選択せざるを得ないじゃないですか。低いCPの奴って、やっぱりそれなりなんで、HP削れなくって、「タイムオーバー」とかさ、そうしているうちに他で立てたポケモンが瞬殺されてしまう事態になってしまうんです。

バンギラスはペラペラです

もう、こいつのおかげで、3200CPのカイリュウですら、10階建てジムの最下層の住人で、なんか、いつも削られてしまいます。止めてください。というか、早く育てたいです。

③ぽちっと押すタイミングは朝になりました。

ついに相方は、独自のルールを築き上げ、夜、夜中に、ジム争奪戦が穏やかに、静かになったあたりに、すでに高層化してそうなジム目がけてトレーニングバトルを、それはゆっくりとやる。そして7体とか立てておく。

ポケコイン獲得の「ボタン」は、そうです、朝の出勤時に押す

そうして、帰宅してから、ぐるりと見渡して「今がその時か」「そうでなかったら食事をしてからゆっくりと散策に」か、そういう行動パターンになります。そしてゆっくりと考えながら立てます。なんでか、今日は朝6時に目を覚まして、慌てて立てにいきました。なんなんでしょうか。1体足りなかったそうです。この情熱はなんなんでしょうか?

 

しっかりとしたサイトでは、表を作ったりとか、色を変えたりしてビジュアル的に見やすいものをつくられるんでしょうが、ここは違います、ダラダラと書きます。

 

私は、CP2400のナッシーが主力です。全部ソーラービームです。もうこれしかありません。確かに未来予知とか、使いたいなーというのはありますけど、覚えてくれません。当たり前ですが。CP2700のギャラドスですが、ドロポン一択です。「げきりん」は思ったより使えませんでした。CP3000のサイドンですが、ストーンエッジは最高です。カイリュウバンちゃん、カビーにどれも有効です。

CP2300サンダースが最高です

ええ、育てあげてはいけません。とにかくトレーニングバトルが主流ですから、CP2300程度。いや、もっと低くてもいいくらいです。「かみなりサンダース」は絶対神です。いや、避ける避ける。ゲージ技、本当に避けてくれます。避けながらタップ技当てますので、本当に使いかって良すぎです。CP2000後半のカイリュウ、ギャラ、カビー3体を一気に殲滅してくださいました。凄かった。

 

ハピナスは嫌がらせで「立てる専門」です

これは、本当に時間稼ぎにもってこいですが、敵にいると、本当に嫌で嫌で堪りません。ただ、「はかいこうせん」は、案外避けられるので、安心ですが、マジカルシャインは最悪です。サイコキネシスより辛いです。いつ撃ってくるのかよくわからないし、何度も来ますので。

カビゴンはのしかかりの技が一番辛いです。サイドンとかゴローニャはなんとか踏ん張るんですが、ナッシーはもう2度ほどで、潰されます。最悪です。

 

低いCPのオーダイルドロポンとか、ラプラスとか、HPお化けと言われているプクリンはかいこうせんは、本当に、使わせていただいております。

 

低いCPをやり込めるランタンは最高

最近は、ランタン、これ、水なのに電気。最高です。ほれぼれしてます。

 

本日も、頑張ります。ええ、カテーテル手術してまだ1か月ちょっとなんですが、なんか、手術した気がしません。眠いです。

 

 

物流は倉庫の最先端ではなくて、本当にドライバーさん命。色んな意味でアマゾン独自配送興味津々です。

diamond.jp

本当に、興味津々でございます。

ビジネスとしてのフレームなり考え方として、物凄く理解はできるんですが、このご時世、物流に携わる方々なり、この世界にご興味をもたせるなり、要は人をどれだけ集められるかという作業を解消する方法があるのか無いのか。それを抜きにしてヨーカドーなりヤマトを出し抜いて、アマゾンが抜け出るという話。

大変興味があります。

アマゾンの手法は、どちらかというと、佐川系の手法で、これ、相当広範囲でドライバーさん動かなければならないんで、結構大変で、勝手ながら人集まるのかと心配です。

はい、行く末、非常に興味あります。

ええ、西濃さん、今度こそ、頑張ってほしいものです。ドライバーさんの質がはなはだ芳しくないので、リテイルの作業をどうこなされるのか、興味がありますね。セブンイレブンさん。頑張ってください。

 

この世の中の情報の「流通」が、ネットなどの手段により、少しづつでもよりバイアスがかかりにくい、事実を入手できる環境ができつつありますが、一方でリテラシーをどのように身に着けるかも同時に必要な作業です。

というのは、この世の中の大多数のメジャーと呼ばれる「報道」においては、どうも、進んで「デフレ」を賛美するような傾向が多く、値段が上がる、すなわち、これは必要に迫られる、とか、経済合理性に基づくものであっても、「誰かが儲けている」すなわちけしからん事態だという、そういう否定的な印象で、一挙両断する傾向が極めて高い。

そうなると、はるか昔から郵政合理化などにみられるように、配送関係は「儲からん!」、今のままでは。

そういう話がいくつも展開されていて、それなりにシステムをハイテクで、どのように合理化できるのか、もう、「求道者」のように追い求めては、コストを下げていく日々の連続で、幹部がのうのうといい暮らしをしているなど、いつの時代だ!という話で、どこの物流も、一瞬でも気を抜いたら、「もう止めようか、こんな仕事」というたぐいの話になりかねない。

そういう話の展開には、どうにもならん。今やっていることを何かの理由にしてかえることは、変えようとしている側に問題があるか、怠けているか、もっと、腹黒い別の理由があるはずだ!

もう、この国は大概そういう話が大好きで、いつもそんな感じ。いい加減にしたらいいよ。

 

昔であれ、あの「重たいもの」は佐川。「軽いもの」はヤマト。なんて軽口叩かれる棲み分けはあったものの、1年で家の「頭金」は軽く稼げると言わしめた佐川は、労働環境やら労基からさんざん社会的に叩かれ、普通の給与に転落してしまったのは笑えた。

 

また道路法の問題で、物流会社の車であろうと、駐禁がとられるという事態に、「気合で乗り切るしかない」という佐川に比べ、拠点を増やし、自転車と荷車で対応したヤマトなど、涙ぐましい対応があった。

 

佐川は「相当」の体力と体の強さが無いと、本当に務まらない。物流を軽く見てはいけない。一方で、ヤマトのロジスティックセンターにおける、非常に細かい労務管理から、荷物のまた細かい仕訳。何人の人間を雇いまくってんだという世界。

表で配送している人間の数のその倍は倉庫にて、物流の仕訳と手配をしているんじゃないかという世界は、ほんと、報道では全く触れられていない。

 

確かに個人向けの値段があがるとか、色々といわれているが、法人向けなり法人が安い理由は、BtoBが多いこと。

一番手がかかり、面倒で、しかもいちいちうるさいのは実は「個人」。

法人はまず、必ず届けられるという安心感があるが、個人は、その個人がたとえ指定したとしても、届ける時に本当にいるとは限らない。そのくせ、指定時間がアバウトすぎるとか、思ったよりも早く来たけど、それはあり得ないだろうとか、もっともっと細かく指定できるようにしてくれとか、そういう無理難題をふっかけて、対応している時間に3個は届けられるはという貴重な時間をクレーム入れる。

 

個人向けの値段があがるのは、物流としてはもっともなことだと思う。

 

とかね、色んな要素があって、色々とコストがかかるようになってきたという話も、当然のように話されていかないと、必ず企業は、コストを下げる努力をして、サービスをより安く、そして質を高めてとか、「鬼畜」な話ばかりで、

そうすると、労働集約型の作業が、いつまでたっても低い賃金にはりついたままで、結局、全ての労働者にブーメランのようにもどってくるって話、そろそろ冷静に考えたほうがいいと思う。

金融みたいに、難しくてわからないとか、そっち系の世界は、いや、ダイレクトに生き死にはあるかもしれないけど、そっちの世界から永遠に差をつけられたまま、なんか、埋められない怨念を抱えることになるよ。

高度狭心症、退院しました。④

f:id:guripania:20170407094316j:plain

3日後に手術ということになりました。

本当に、こんなに早く片が付くのか、というくらい、あの冠動脈の血管閉塞。検査をしてから手術の予定を組むまで、1か月先とかそういう話も聞いたりしたものですが、検査、手術と、早ければ1週間で退院できる。

今の医療は、本当に凄いと言わざるを得ない。

手術では、検査と同じように、左腕の動脈を利用してカテーテルを挿入。この際に麻酔は左腕の手首あたりに1回。これだけ。

手術前には、左腕に「ざばざば」消毒液をかけまくって、これが冬場なんで寒い。さらに、X線で状態を確認するので、最小の部位のみを「さらす」感じなので、他の部位。つまり体全体には、X線を遮断するカバーをかけられる。「風呂の折り畳みのふた」みたいな感じのものを、パタパタパタとかけていく感じ。

 

カテーテルを挿入してから、いや、本当に早い。すぐに心臓の部位まで到着して、「かかり具合」とか位置とかを、裏でモニターを見ている他の医師と確認。

ステントの大きさと長さを確認して、看護師がステントを持ってくるんだけれど、もう、なんだろう、この辺はものすごく施工現場な感じ。色々と想像できる「神々しい手術の現場」やら緊張感は、無い。いや、肯定的に言ってるんだけど。

 

この辺の状況は、手術あとに家族を交えて、説明を別部屋で行うんだけど、見事に「開通」しましたね。最初、ステントが全開にならず、ちょっと苦労された感じはあるけど、すぐに調整して、いや、お見事です。

 

手術が終わると、まさに、「撤収」状態。もう、私関連で触れたりしたものは、ぐるぐる!っとまるめてでかいダンボールに、または医療廃棄物のタンクに入れられてで、いや、こういう消耗品だけでも、相当数の量。というかお金のかけよう。驚きました。

 

そういえば、病室において採血するにも、相当数の消耗品が出たりして、ここまでしっかりとやっても、院内感染するんだろうなと思うと、シビアなことです。

また入院していて驚いたのは、「可動式レントゲン」。ロボットみたいに大型の撮影機を、看護師さんがごろごろ転がしてきたときには、いや、ここで撮るの?と驚きましたが、すごいな。

 

いざ、退院という段になるわけですが、いきなり運ばれて、入院、検査、手術。そういう流れで、肝心のお金のことを全くと言っていいくらい失念していました。

手術終了後、社会保険なので、協会けんぽに電話をして(今どきの院内は、携帯電話はかけ放題です)「限度額適用認定書」の発行をお願いして、これがマッハで到着。これがなかったら、いいですか、この医療費は、請求書を見る限り110万円です。

それが9万5千円くらいになります。

日本、苦しくなるわけだ。

 

正直、いざ自分がそういう立場になると、この国のシステムの凄さに驚いてしまいます。こんな高度な医療が、この金額で受けられる!えらいことです。

まぁ、言っても致し方無いのですが、高齢者が本当に多い。うまく言えないのですが、全くご縁が無く、健康に生きていかれる方も多くいらっしゃると思いますが、ある年齢になると、こういう大病のリスクは間違いなく高くなります。

特に年齢が高くなって、身寄りもそう当てにできなくなる、そういうタイミングの際、この国の医療のけた外れの充実度は、もう、それだけでも相当の安心感あるバックアップに他なりません。

 

私の入った「大部屋」には、90歳近い高齢者が同室されていましたが、毎日のように息子やら娘など、家族が見舞いにきては帰っていきましたが、もう、病院があってよかった!感が一杯でした。

生かされる高齢者。こういう問題は同居する家族にも、支える同居者たちにも、解決のしようもない、他人が言っても致し方のない大きな問題があろうかと思います。

ただし、医療費が安くてすむ。一方で、医師、医療機関には、モチベーションを高める報酬、さらには機材などの進歩を含めたイノベーションが絶えず進む。一歩間違えれば、社会保障、丸ごと崩壊みたいなギリギリの状況ではあるんでしょうが。

 

今回は、いや、生かされました。金銭的にも、本当に助かりました。これから一生かけて薬を飲み続ける人生になりましたが、1か月5000円程度なんで、助かりました。

退院して、数日後に、尿路結石でものすごく回復が遅れましたが、今回は10日間もかかって、おまけに腎盂炎にまで発展しそうになって、本当に別の意味で「死にかかりました」。

さらに、10日間、寝たきりやったら、歩くだけで足が筋肉痛になりました!びっくりしましたが、回復するのに2週間、平気でかかります。本当です。信じられませんでした。宇宙飛行士が、1か月、リハビリするのは、いや、当たり前です。人間の体って、本当は、軟です!

ありがとうございました。