A LOST AND FOUND

色々なものを失くしてきたような気がします。

総理大臣に求められるスキル「外交」。ハードル上げまくったよね安倍さん。河野さんよくわかってるよね。

f:id:guripania:20180116131247j:plain

隔絶の感がある。

昔は、特に韓国関係、中国関係。もう壮絶なタブーがあって、「慰安婦問題」に言及し、その言が原因で韓国がクレームをいれようものなら、あっという間に政権が転覆してしまう、そういう事態が「当然」のようにあった。

アメリカに関しても、年次要望書が、アメリカの要望に沿ったものだからに始まって、結果的に相当の有効ダメージとなって、政権がまさに民主党に渡った。

 

今思うと、「外圧」とか、もう奇妙な単語を使っては、メディアなるジャーナリストと呼ばれる人たちなんだが、それで「言ったつもり」になっていたようだが、

海外の雑誌とか、専門誌、報告書を読んで、それを繋ぎ合わせて「語る」、そういう程度がものすごく多かったんじゃないでしょうか?

 

ちゃんとした「グリップ感」を感じさせてくれたのは、中曽根さんの「ロンヤス外交」といわれるもので、今思えば、その程度でも、衝撃だった。

 

日本にも「さしで外交ができるんだ」という話。

それまでは、官僚と言われる方々やら、商社にお勤めの一部の方々、ソニーとかホンダ、そういう製造業の一部の方々が特に「要人」と会って話をしましたなど、たまーーに新聞報道やらでお見受けする程度。

 

政治家で、海外に出張って、議論するなんて、できやしない!と思っておりました。

 

できて、中国大好きみたいな、おもてなしを満面の笑みで受ける「小沢さん」程度が関の山。そう思っておりました。

 

もう、国内と国外。切り離せないと。外交の善し悪しが、日本のあり方をどうやら左右しそうだと、当たり前のことが、当たり前のようにできる気がしてきたのは、

安倍さんが初めてなんじゃないかと。

 

善し悪しはともかく、トランプと会ったその翌日ぐらいの感覚で、周さんと会うは、プーチンさんと会うなんて芸ができるなんて、誰が思ったことでしょうか?

昔だったら、トランプさんが完全に就任する前に会ったことを踏まえて、マスコミやらメディアが喧々諤々のフルパワーの議論を1カ月して、中国との関係は?ロシアとの整合性は?もう、会ってくれないんじゃないか?どうすんだ安倍!

というのが延々続いて、国会でも相当の時間を費やしていたはずですが、

もう、会いに行っちゃいました。

拍子抜けです。

もう、これが総理大臣の「スタンダード」になってしまいそうです。河野さんはどうも、よくわかっていそうです。

headlines.yahoo.co.jp

岸さんは、確かにすごい政治家さんですが、まだまだ昔風の感じがして、とても「内向き」です。河野さんは、もう、いけいけで「外向き」です。

で、マスコミは、このご時世のなか、どんどん爆縮して、どんどん「内向き」になってきてますが、国民は、ネットであたりをつけまくって、外も内もなく、ソースを自力で取れる状況。

しかもツイッターやらなんやらで、普通だったっらお金を払ってもいいような方々が、重要なことを正確に喋ってくれる。お約束の言い方なんですが、昔で言う「マスコミのあり方」が終了してしまったのでは。

むしろ、朝日新聞は「公共財」ではなく、潮出版とか、第三文明社とか、岩波書店とか、まぁ、産経新聞とか、そういう一連の「私的な民間企業」として認識していいんじゃないでしょうか?

朝日新聞などは、もう、腹を括って、言ってはなんだけど、活動家御用達新聞になっているし。でも、ありでしょ。

 

これも一時情報源に直接会いに行っている、昨今の「外交」やらを経験させてもらっている我々にすれば、もう、後戻りできません。

これがスタンダードです。

2度と、あの時の菅さんとか、鳩山さんとか、福田さんとか、もう、国外に出して恥ずかしいみたいな時代は結構です。

小泉さんなんか、北朝鮮に初めて行った総理大臣として、なんか、外交に強いイメージあるけど、この人も、国内向けの「旧政治家」さんだったよね。

 

イギリスとTPPの話してくるなんて、誰が言ってた?

もう、自称専門家とか、色んな方々も、ジャンル絞らなくては、「それって、あなたの考えですよね」って切り返されてしまう、本当に嫌な時代になってしまいそうです。

そういう意味でも、安倍さんのこと、嫌いだろうな、多くのマスコミさんは。

 

 

信越線報道に見る、「情報番組」の安易なMCのコメントに、もうなんだか「辟易」している自分がいる。

www.asahi.com

この報道に関して、様々な取り上げられ方がされ、なにしろ16時間前後という想像を超える時間。乗客が、それも400名前後拘束されてしまった。豪雪の中。

JR信越線。JR東日本の管轄とWikiには書いてあったが、もう記事のトーンは「非人道的な対応」「信じられないマネージメント」といったものが多かった。

テレビにおいても「ミヤネ屋」における、「これは駄目な対応でしょう」という取り上げ、まさに非難一色な感じであった。

 

というか、豪雪。16時間。400名。閉じ込め。JR。もう、こういう単語が、非難を「想起」させるのに、当たり前のように「軽々しく」扱ってしまったようだ。

 

blog.esuteru.com

その後、続々とネット上で、実際に災難に遭った乗客からのツイッターの投稿などから、単純な想像から、リアリティーあるイメージにつながり、

これは簡単に非難していい事件、事故ではなさそうだと、そして、JR信越線について簡単に調べてみると、

そりゃ、頑張って動かすわな。だって、1時間に1本しか走ってないやつに400人乗っていたって事実は、客も、運営側も「使命感」ばりばりにもっている奴。

写真をみても、もしかしたら、運営自体かなり「かつかつ」でやってんじゃないのか?余剰人員とかもなさそうだし、駅も「無人」という話。気を抜くと「廃線」とか、第三セクター運営とか、バスへの移行とか、そういう対象にもなりかねない?(すいません失礼な話をしてしまって)

 

そういうなんか、東京やら豪雪経験もなく、入り乱れて路線が複合的にある地域に住んでいると、あまりにも一方的なイメージで「いとも簡単に非難してしまう。」

これは、そういう安易なコメントをしてしまう「対象」では、どうやらなさそう。地域の事情とか、利用者の思いとかちゃんと向き合わって意見しないと、駄目なパターンじゃん。とか。

 

報道バラエティーじゃないか、「情報番組」として、もうこういう「安易な情報の取り扱い」が最近は多くて、

「情報の使いまわし」とか、安易なコメンテーターの本当に「安易なコメント」に毎日毎日さらされていると、あんなにリテラシーがどうのこうのとか言う割に、取材もせずに憶測で語ってじゃないの?という話で、最近、そういうの強烈に増えてない?

そういう風に見られているの、全然自覚してないんじゃないの?ご意見番みたいなコメンテーターが専門家でもなく、なんで知ったかぶって

 

若い連中が、テレビとか新聞とかのメディアから離れて行ってしまうのも、本当にやぶさかではないことなんだと、マジで思ってしまいます。

MCに頼り切る番組が最近非常に多く、安易なつくりに走っているんじゃないのかと思わざるを得ません。ニュースとして番組を真剣に、どうやって作っていけるのか。このコンテンツを安易に扱ってしまうと、中高年がいなくなってしまった時点で、もう、テレビ局自体の「使命」が終了しかねないと思ってしまうんですが。

ええ、信越線の事案を簡単に言っていると、いつのまにか同じ状況に陥ってしまうかもしれません。などと。

10年前、うちにも猫がいました。

f:id:guripania:20171230134152j:plain f:id:guripania:20171230134159j:plain

猫を亡くしてから10年が経とうとしていますが、今もってしても、ありきたりのことしか言えません。

 

ありがとね。いてくれて。

 

もともと犬好きでしたが、子供が小さい頃によく行っていたアミューズメント施設の近くにあったペットショップ。何回か行くうちに、ガラスゲージの中にいたこの子が、うちの子になりました。もう、かわいくって、かわいくって。

血統書付きの(笑)ロシアンブルーということでしたが、それ抜きにして、本当にかわいい猫でした。

8歳の時に、FIPだと思うんですが、お腹をぱんぱんに膨らませて、何度も病院に駆け込みましたが、叶わず、最後は自宅で息を引き取りました。

 

とにかく暇さえあれば、人の足の上で、人の体の上で、人の肩の上でと、常に寄せ合っていることが普段で、帰宅すると、必ずお出迎えする「お出迎え猫」でした。

サイレントキャットという「肩書」でしたが、よく喋りました。ええ、妻とはよく、「会話」をしていました。ご飯係と、トイレ掃除係は私だったのにも関わらず(笑)。

階段をのぼりながら、振り向いてはニャーと。

我々には「ママ」としか聞こえない!というのも、猫飼いであれば常なんですが、「猫は人の言葉をしゃべります」なんで、いつも寝室へ妻を「強引」に連れていきます。

「まーだ?まーだ?まーま!まーま!上に行くです!」って。

 

10分すると、「寝かしつけて」妻が、忍び足で降りてきますが、本当に、その一つ一つが、心に残る日常でした。

 

自分は、猫のおかげで、笑えますが「無償の愛」が、おぼろげながら、なんなのか、理解できたように思えます。

本当に、好きであったら、ギブアンドテイクなんてものはありません。オールギブです。

もちろん、自分が心を許した相手ですから、理不尽であったり、悪意を前面に出す、そういう奴なんておりません。そこは、自分を信じております。

こちらが「お世話を申し上げている」という境地は、今では、傍らの相方に、全てを援用させていただいております。師匠ですね。猫は。

ええ、愛の境地とは、求めることではありません。無償の思いを、常に、自分の中に受け入れる、笑みが伴う相手への行為です。

 

顔を合わすとき、出迎える時、自分は、以降、必ず「笑み」を。いつしか、本当に、瞬間を、一期一会にすることができました。相方が、どう思っているかは存じませんけど。

 

人のせいにしない。

比べてはならない。(人とかものとか)

言い訳をしてはならない。

そして笑みを絶やしてはならない。

 

人間様と共に生きていくについては、非常に肝要な話だと思います。

特に子を持った時、子とともに生活をするときには、常に心においていた言葉です。

親がした態度、親がした言葉、子が真似をしないわけないですよね。

 

そして猫を大事にしなくてはならない。

 

もっと、写真を撮っておけばよかった。新年を迎える前に、こんなことを、、、。

クリスマスナイト、だったんだよね昨日。今、軽いバブル?みたいなノリ、ある?

f:id:guripania:20171226102900j:plain

昨日のクリスマス。とある駅前のスーパーマーケット。外通路に設置されているコインロッカー前。夜の9時頃。いい感じにあたりが暗い。若いカップル。

段取りがわからないんだけれど、こちらはポケモンジムに、その日のルーチン業務で己のポケモンを立てにきた通りすがりのおっさんなんだが、

すでに小型タイプ。中段。扉が開いていて、2人して中を覗き込んでいる、そんな感じに見て取れるけど、荷物を預け入れる風でもない。取り出す風でもない。気になる。

離れた所に位置して、まるで、というより、ガチでポケモンを、特に第3世代中心をとりながら気にしてみると、

「わーきれい!」と彼女らしき方が覗き込みながら声をあげる。

近距離に移動しながら中が見える位置にくると、

じゃーーーん。LEDで綺麗に電飾された?自己発光している感じの小さな「クリスマスツリー」が白く光る。そして、その奥にリボンがまかれた赤を基調とした袋が。

ああ、ハッピーメリークリスマス!

そういう演出なんだ。

うわーーーー、なんか、バブル。

ついそう思ってしまいました。彼女さんは「多分」嬉しそう。多分。いや、大丈夫。

遠い過去。知人がいて、ちょっとスケールが違うんだけど、そう、あのバブルの時。シティーホテルなんて、今は「死語」なんだけど、そういう所を「1年前から予約」して!いや、半年前からかなぁ、この、1年。時空を超えた凄さを感じるんだけど、

それが、あの当時のバブル。レストランも半年、1年前から予約。

確約も何も、相手がいなくても、そうなることを信じて、予約!

それが、あの当時のバブル。

そして、その日の夜、部屋で2人だけのクリスマスナイト。

彼女に「クローゼット」をあけてごらん。知人が言う。

開けたその中には、彼女が欲しがっていた、サーフボードが!

実話です。

そう、これがバブル。

ヤマトに頼むのか!高級シティーホテルの1室から、大型のサーフボード。朝がぶち壊しだろ!喜ぶのか?それ。でも、こういう相手の気持ちなんか、1ミリも容赦しないのが、その時のバブル。仕掛け感、仕掛けた本人が満足できればオーケ!

 

麻生さんが言っていましたが、このバブルを経験した連中。つまり40代以上は、今の景気感が良いのか悪いのか、判断できないと。むしろ、よくねぇ。と。そりゃ株価3万とか4万をみてりゃそうだよね。

でも、今の30歳未満の連中は、株価7000円の頃に社会を知った口。株価2万円だよ。すごいよね。バブルだよ。

深夜のタクシーなんか凄いことになっているよ。

 

でもね、ちょっとあの当時と違うのは、中高年のおやじが知っているバブルの出鱈目さとは違うんだよね。好景気は好景気なんだけど、まだ、全然まじめなんだよね。

まず車なんて買わないよね。だからタクシー使えるって、そういう論理になるよね。さらに、アッシー君とかメッシー君とか、そういう下心満載の草食系下僕ヒューマノイドもいないよね。

だから、色々と、どうやってどこで時間をつぶしたかとか、より安くコスパのいいお金と時間の使い方を「知的」に語っては、マウントしかけてくるよね。

でも、使う、使ってるんだよね。それなりに。使えるんだよね。

しかもビットコインみたいな、象徴的な金融も昨今あるし。

 

中高年が思っているより、景気感は上がってる。これは確か。ちょっと自信とか傲慢さが出てきてる。いいことだと思う。けど、ここで中高年は、自分らの「破廉恥さ」を語ってはいけないと思う。だって、それで人生ぶち壊したんだから。

エレベーターのメインロープ張替工事。今頼んでも早くて「夏」。建設業界は仕事に困っていません。今は。

f:id:guripania:20171222125921j:plain

www.mag2.com

自分の知識が足りないことは重々承知しての言い分で、多分、当事者の方においては、もっと過酷な状況にあって、さらに自力ではどうしようもない、そういうお立場かもしれない。

よその身から、勝手言うことを本当にお許しいただきたいのだが、

本当に、この国の多くの方々は、実にゼネコンを叩くのが大好き。

 

不況の時は、「物から人へ」と、公共事業を絞りに絞り、数ある建設業者が、大統合をとげ、多数の廃業があって、これからはリノベーションや!新築なんてありえへん!なんて流れがあって、

それでも、修繕、保安、メンテナンス系にお金をかける発想が無く、

どんどん職人が淘汰されていく。

そんなかで、たまさかの、多分、最後の建設ラッシュ!

全然、人が足りていません。

特に修繕系は、酷い状態です。あとしばらく、保守メンテナンス系は、相手にされないんだと思っていた方がいいと思います。

管理している建物の「エレベーター」のメインロープ。これの取り換え事案が発生いたしました。発注いたしましたが、工事日は、なんと、「早くて」5月!半年先です。

屋上の防水工事も、準ゼネコンにお願いして、やっぱり5月です。もう、金額にして700万円ですが、たかだか700万円の仕事ですよ。そんななかで、10年保証がどうだかこうだかと、いや、「やる気ないだろ!」というくらい、しっかり、リスク管理してきますし、値段、1ミリも下げる気ありません!

 

建設業さんは、ほとんど依頼主さんあっての仕事ですから、もちろん、仕入れて建てて売って管理して、そういうビジネスも大好きですし、森ビルさんとかは、自社ビル建てて管理してで、モンスターになっていますが、あれも建設業ですから。

 

そういう中で、人様の「仕様」に合わせて、企画計画工程まで、依頼主と何度も事前に打ち合わせて、工法からなんだかんだと、資材も先入れしたりと、人も手間もかかる仕様になって、入金は1年後から、そういうビッグプロジェクトなんか、たとえ入札されても、相当「体力」がないと受けれません。

 

約束手形」なんか、受け取ったりした方なんか、あんまりいないでしょ?「手形を割る」なんて世界も知っている人、あんまりいないでしょ?

 

けっこう、建設なんて特殊なビジネスです。

 

特に最近は、先のイラストにあげたように、「警備員」さんが、劇的に少なくて、交通系にとられちゃって、仕事がすすみません!トウキョウタワー作っているときに比べて、意外にも、管理業務、安全業務などにかかる経費は、ばかになりません。

 

そういう「見積り」から試算まで、初めて行う作業で、誰がどうやってはじきだすんでしょうか?ビッグプロジェクトは、最初から、設計事務所とだけ話をしてても、全然すすみません。これもある意味、職人さんの部分、専門職として、毎月お給料を誰が、どうやって払って維持していくんでしょうか?

いや、すいません。ちゃんと書けなくて、すいません。いつか書き直しが、、、。

民泊の申請書が、ほぼ、宅建業法の丸パクリで、国のこのビジネスへの見方がわかって面白すぎ。

f:id:guripania:20171216150515j:plain

もう、興味のない方には、本当にどうでもいい、そういう話にはなってしまうんですが、最近、「民泊」。住宅宿泊事業法というものをつぶさに見る機会がありまして、どうやら、民泊関係者を3つに分類したようです。

①住宅宿泊事業者 ②住宅宿泊管理業者 ③住宅宿泊仲介業者

監督官庁は、①に対して、国土交通省厚労省 ②に対して、国土交通省 ③に対して、観光庁。届け先は、都道府県知事と。

①は宿泊施設を提供する人。もちろん、所有者であったり、賃貸であったり、転貸であったりと、本来のエアビーと言われるものは、余っている部屋を、旅行者に提供する。そういう趣旨。しかしながら、止まらないよね。だって、事業になるもん。

というわけで、②ですね。部屋のオーナーに成り代わって、旅行者とのやりとりから、部屋のレイアウト、清掃、管理全般を行う業者がでてくるわけです。

 

運営代行会社。こういった方が早いと思いますが、まぁ、雨後の筍のように出てきたわけです。

 

今回のこの法案。この②。運営代行会社を完全に把握しようって、そんな感じにみてとれます。

 

もちろん、さっき言いましたが、その家なり部屋に住んでいなければ、オーナーであろうとなかろうと、全部、②の管理業者になるわけなんで、事業にしようとする連中は、軒並み「捕捉」される。そういう戦略ですね。

 

届け出制なので、申請すれば、ほぼ受け付けてくれます。登録料は9万円でございます。

一応、申請窓口は、都道府県知事なんですが、この申請書が大笑いでした。

まるで宅建業法の申請書。というか、そのまんま。こういう書式がデフォなのかしら?

さらに、宅建業者じゃないんだけれど、全員に管理業者としての「証明書」を携帯させる。それがないと処罰されるとか、もう、民泊をやるにあたって、特別な考えがあるわけでなく、丸パクリ。

おまけに、宅建業免許、賃貸住宅管理業者、そういう免許持っていたら、それを書き込め。そういう話で、鼻から、こういう業務は、不動産がやるんじゃないの?という安易な理解が全開。

f:id:guripania:20171216163418j:plain

 

まぁ、確かに、ワンルームとか、全国的にもう、目も当てられないくらいに「空室」だらけのゾーン。大家から委託された管理業者が、この民泊に頼っていくのは「自然な摂理といえばそうなんだけど、

 

この管理業者。IT系の出が多いのは周知の事実なんだけど。

 

まるで不動産屋さんが、已むに已まれず賃貸物件の有効利用、活用に民泊を、と、考える向きもあるし、セミナーやれば、そういう不動産管理会社がわらわら来るのは知っているけど、「管理業者」は、IT系の方が多いです。

 

さらに、宿泊者からの問い合わせとか、そういうオペレーションをやっている方々が、「国内」にいて対応しているなんて、そういう話はありません。海外で対応しているケースがほとんどです。

清掃も管理業者がやっているわけではありません。これは業法的に言う「再委託禁止」になるかもしれませんが、専門の業者か、ラインで連絡をやり取りしあえる、個人のサイドビジネスをしている方々です。これ、どうすんの?

まるで一連の民泊の実務なり、管理をしているのは、「不動産」関係者じゃね?というなんか決め打ちが透けて見えるんですが、この2年間で、そういう関係者に会ったことがありません。私は。

 

ただ、この管理業を「個人」でやる場合に提出する添付資料に、納税証明書が義務付けられています。法人もそうなんですが。

もともと、エアビーの決済なんですが、ペイパルでやり取りされます。これ、最初個人でのアカウントしかなかったです。最近は、法人アカウント大丈夫なんですが、そうなんです、税金逃れで申告していない方々、非常に多かった。

海外のしかもペイパルでしょ?捕捉されないなんて、そう思う方がいても不思議ではないっす。

ここをしっかり捕捉することで、ようやく社会資本として、有効な税の徴収ができるという訳で、さらなる徴税が見込まれると思います。ええ、脱落者が相当でると思うよ。

 

まぁ、それと、ステッカーね。相当の「魔除け」にもなるし、無いと、もう、行政書士とかが「隠れ民泊」の探索者として、暗躍するのは鉄板です。すでに「大島テル」の事故物件情報じゃないけど、隠れ民泊を表示するWEBも出てきているので、

色々と、仕事に困らないよね。本当に。

まるで日本中がこの話題に集中しているみたいに報道されているけど、テレビの幻想だよね。

f:id:guripania:20171206105816j:plain

diamond.jp

なんというか、我々は常に「伝聞」。伝え聞くのが当たり前の日常なので、当事者から「直に聞く」という話には当然ならない。

その伝え聞く、それに信用性があるのか、信用を誰が担保するのか、今までは、メディアがそう言っていました、それで「はい、終了」みたいな時代が、長きにわたってあった。

ええ、それだけの話だと。

でも、最近は、政治に関して。医療に関して。芸能に関して。豊洲の関して。えへ。

新聞なり、テレビが、もはや、そういう信用を完全に担保し、「常識」なるものを、しっかりと補完できうるものではない。そういう現実なり、認識。実感として、多くの人たちが気づいてしまった。

うむ、そおいう話だと。

今回の相撲に関する「事態」も、特にテレビで様々に、もう、様々なお立場で、バイアスをかけまくった話がされているが、

この、むやみに「組織論」に絡める話も嫌いではないんだけれど、

そもそも、誰も本当のことなんて話している訳ないじゃん。特にテレビでは。その話に絡めて、「自分のことを話しているじゃん」

次第に、若い層を中心に、そういう理解。その幅が広がってきているように思う。

もちろん、若い層は、一気にエモーショナルに流れる可能性も無きにしも非ずだが、多くの中高年よりも、きっと、普段から、チャンネルを多く持った奴に「検証」されていること、それによって「踊らされていた自分に」何度も気づく。

だから、この相撲でいえば、日馬富士が悪い。とか、貴乃花が悪いとか。テレビでは、雑誌などでも、さも、日本全国、この話題に「集中」みたいな話になっているけど

 

選挙の時と一緒で、もう、テレビでの話題は、「中高年」専用の話題といってもいいのではないでしょうか?

 

簡単に言って、相撲の世界は、日常の尺度で測れない、そういう「特殊な」環境であり世界で、こっちの尺度ではかったところで、即時的に解決できるの?

こういう成り立ちも含めて、このままでは「伝統芸能」に堕してしまう。

真のアスリートのスポーツだとは、多くの若年層は思っていないわけで、

そうしたいの?したくないの?

それだけの話でしょ?

 

伝統芸能にするんだったら、「神事」として、横綱の「権威」をもっと、高めていくべきだし、相撲協会もそういう指導なり、「報道規制」をもっと強化するべき。いいんだよ、情報、もっと出さなくしてもOK。

 

いやいや、スポーツ!というのであれば、得られる「給与」というか「年棒」というか、賞金を明確にして、個々の能力に焦点をあてる。あくまでも能力。

 

どっちが、誰に、どの層に馴染むのよ。そういう話でしょ。どっちが好きなのよ。

 

何か、なんでも100%受け入れられるなんて、そういうことを、特にテレビなんかで、いつもこう、表明したり、その気があるように誰でも見せているけど、

100%なんて、あるわけないし、目指さなくてもいいと思うし。

何をやっても、非難する人は絶対いる訳だし。リスク管理もそういう話でしょ?

もう、先代貴乃花の奥さん出してきて、コメントとるなんて、誰得なのよ?相撲の世界より、さらにぶっ飛んでいる人間だって、もう、みんな知っているじゃん。面白いけど。